--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.11.19 23:22|(New) エコロジー
26515285002_24f2303255_z.jpg 
Autumn fruit by Indigo Skies Photography





真夜中の買い物。

夜空に向かって、さあ、これからどうしようって話しかけたら、

帰りに、「しいたけ」買ってって。

それも3パック。


のんびり、ゆっくりしちゃったから、

え〜これから買い物?

もう11時になるじゃない。

そうそう、まだ空いているスーパーあったね。



どうやら夢を叶えるためには、

「しいたけ」が必要らしい。


この表現は、正しくないって。

夢は叶えるものではなくって、

もう叶っているものらしいよ。


過去形からスタートするのが、量子力学?



多次元では、

もう、夢が叶った自分が、夜空に出てきちゃったから、

その結果に紐付けようとして、

「しいたけ」は食べようねって、言われている気がして、

眠たかったけれど買いに行きましたよ。


そして帰ってすぐに、魔女のキッチンへと直行。

20分後には、しいたけスープの出来上がり。


さあ、寝ている間に、どんな夢を見たのでしょうか。

朝も、しいたけで始まり、

1日しいたけ三昧。

ファンタジーの世界が、

私にチャンスだよって誘いかけてくるもんで、

なかなか夜も眠れない。


さあ、この辺でおひらきにしない。

また明日ね。

しいたけさん。


耳寄り情報を教えてね。


どうやら、しいたけさんは、

未来の自分を引き寄せて、

無意識の中から、

新たなヴィジョンや希望を生み出す手助けをしているようです。



今年の柿は美味しいね。

お行儀よく箱に並んでいるのは、

相良農園さんの柿たち。


上品な甘さが、

相良さんのお人柄を表しているの。

大好きだなあ。


スーパーで私に声をかけてきた「せり」

お塩とオリーブオイルでソテーして、

明日のお料理の脇役になるのかな。


こうやって素材たちとお話をするのも、

当たり前になっている。



これは、ソマティクスのおかげです。



そして、アロマの精たちにも感謝。



ありがとう。



スポンサーサイト
2016.08.26 09:24|(New) エコロジー
2382071223_15d456dba7_z.jpg  





大草原の向こうの大きな虹。

飲み込まれそうな星空。


ペルーを旅した時。

大きな大きなカルチャーショックを受けたこのカラダ。


何よりも、ペルーの人の「自然との向き合い方」に、

驚いた記憶があります。


1996年の3月、飛行機を乗り継いで降り立った地。

えらい遠くに来たなあと思ったのと、

日本から完全に離れられたという思いが混在してたな。

今にして思えば、その翌年、マクロビオティックに出会ったわけだから、

このペルーへの旅は、

大きな大きな価値観の変化へと繋がっていたことがわかります。



駅もないところで、列車は停車して、

線路の上を少し歩くと、

線路が続く向こうに虹がかかっていたなあ。

あっちもこっちも虹。

いく先々で、虹が出現して、これからの新しい歩みを祝福してくれていたんだ。


2000年に自然食品店をオープンして、

翌年は、これからの高齢化を考え、

社会福祉の仕事にも、資格を取って進もうと考えていたことが、

このころのダイアリーに記されていました。


でも、流れは大きく「食品」「健康」の方へと流れていったのです。

「エコロジー」

本当のエコロジーってなんだろうと、

その頃いろんな本を読んでいましたね。


パソコンも、その頃初めて、ワードやエクセルを訓練所に通って習いました。

3日間コースだから、大したことはできませんでしたが、

機械音痴の私には、機械は怖いとしか映らなかったのですが、

コンピューターシステムには、圧倒されて、

世の中がこれで大きく変わってしまうのを、肌で感じ、

どうしようもない「抵抗感」が自分ではどうにもできなかった思いがあります。


Windows=嫌い!

そうは言いながらも、大きな潮流に飲み込まれていく自分を感じました。


iPad が出現するまで、

機械(誰かのコントロール下にある)に対する抵抗感はずっとありましたね。



スクリーンショット 2016-08-26 083833 &スクリーンショット 2016-08-26 085357



ずっと過去を振り返ってみると、

経験したあらゆる「抵抗感」(なんだか嫌だなという感覚)は、

必ずしも「善悪」「肯定、否定」を示しているのではないことが、

わかります。


嫌なんだけど、このハードル超えなくちゃなあ。

そんな感じですね。

いきなり冷たいシャワーを浴びせられる様子をイメージして。

そういうカラダの反応です。


カラダは一瞬、ビクッとしますが、

その反応を「ノー」と脳にインプットしてしまうのが、

エゴや凝り固まっていくマインドや、

「恐怖心」です。


この恐怖心に対決していくために、

毎朝、冷たいシャワーが日課になっているわけですが、

12年続けて、なんとなくこのことがわかってきました。


カラダの反応を誤解していたことです。


「冷たい」「病気」「死」

このトリオは、三大恐怖だと学びましたが、

うなづけますね。


冷たいシャワーが、切磋琢磨して、1年で克服できたら、

次は、病気と対峙します。

そして次は死と向き合うわけですね。


まずは、怖くないんだという考え方を取り入れて、

そこに向けて日々カラダで体験を重ねるというのが、

ナチュラルプラクティスであり、

ナチュラルライフなのです。


まさに、上の二つのイメージ画像が示すこと。


左側は、水瓶座のシンボル。

右側は、土星のシンボルです。


水瓶座のルーラー(支配星)は、現在では天王星と言われますが、

こんな遠い星は、昔の人は知らなかったわけで、

以前は、土星でした。(今は、サブルーラー)


山羊座の土星

水瓶座の土星


相反するような二つのサインのルーラーになっていた土星です。


山羊座の視野はとっても現実的。全体の景色を捉えて、

理想を具体的に構築するのが得意。組織作りに長けているんですね。

それに比べて、

水瓶座の視野は、ずっと遠い、見えない先にあります。

常に真実を人々の中に構築しようというのが、

世の人にとっては、とっても独創的に見えるのですね。




旗を掲げて、人々を高い山へとゴールさせようとするのが、

水瓶座。



旗を振って、視察団を作って、理想とする土地に、

大きな社会を形成するために、

奔走するのが山羊座。


どちらも、土星の「形にする」エネルギーを使っているのですね。


なあるほど。

さあ、これから、どんな土星のエネルギーを使って、

歩んでいくことができるでしょうか。




01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Keikohism 常に進化する美しさを求めて!

未来の美容室では、ナチュラルなパーマやカラーでスタイルを表現するだけなく、個性の内面的な探求も行ないます。 アイデンティティに基づく「ライフスタイル」を提案するプロフェッショナルを養成する講座では、各種のリーディングを学びます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Keikoh Izawa

Author:Keikoh Izawa
ママキッチン
(チャームサロンイザワ)
〒241-0824 横浜市旭区南希望が丘2
TEL 045-363-0846
営業時間 9:30-18:30 日・水定休

instagram

時短料理はヴィーガンの得意技♪

いいね!

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

Vegan× 美容室²ランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1741位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
44位
アクセスランキングを見る>>

ホームページやブログもみてね☆☆

地球に優しいキッチンをテーマに本や台所用品のページ「we love earth style item↓↓

ヴィーガン×美容室² QRコード

QR

Categories...

openclose

読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ママキッチンマップ


より大きな地図で ママキッチン を表示

kauli PR

popIn

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。