スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リバーシング」のススメ♪と「おっぱい」問題を解決する「人を美しくする『達人』への道」美容師であり調理師である私の「ライフワーク」

2013.10.16 07:20|☆ナチュラルヘルス
食べものに対する関係をみれば、

バーストラウマがわかる。

現代のグルメブームを起こしたのは、

早い断乳や、粉ミルク、そして母親の「恐怖」?



ようするにお母さんのおっぱいが、

不十分だったということですね。



「充分出ない」というパターンが、

潜在意識のなかに出来上がって、

「自分が望むものは手に入らない」という呪縛と恐怖から、

次々と起こる欲求を満たさなくてはならなくなる。


これが、現代社会の「消費心理」、

そして「関係性」の築きかたです。


決してフェアな力関係は築けないですね。



おっぱいをどのように与え、

どのように自然に食べ物にシフトしていくかで、

その子に、そして、社会に与える影響が、

さらに地球に与える影響が、

大きいということです。



「システムオブナチュラルライフ」を実践しているお母さんの子どもは、

小学校低学年まで、いや、それ以上かな?

おっぱいを飲んでいる子もいるようです。


自分からおっぱいいらないとなるまで、

お母さんたちは、

子どもが望むときに与えています。



実際には、おっぱいが出る訳ではないですが、

お母さんの生命エネルギーとつながる、

唯一の手段が、

おっぱいを飲むということなんですね。



おっぱいが充分に飲めなかった子どもは、

飢餓感をもち、常に自分を守ってくれる存在を求めたりする、

ある種、依存的パターンを、

人格形成とともに、

パーソナライズしていきます。



食べ物に執着するひとは、

「バーストラウマ」をかなり持っていると、

考えて良いでしょう。



食べ物を、

物質レベルでみているだけでは、

何も進展がありません。




あなたにとって食べ物は何か?

その答えが、

母親との関係、父親の家庭での存在、

そして、異性との関係性に、

深く関わってくることになるのです。



望んでも望むものが与えてもらえなかった「子ども達」

物質社会は、こういう「インナーチャイルド」が、

築き上げた「一方的な求め」の社会、

「スーパーマーケットラブ」の社会です。



人々のコミュニケーションをみていても、

とっても一方的。


コミュニケーションもセックスも、

求め過ぎ?

本来は、エネルギーの交換です。


コチラからボールを投げるように、

与えることから始まります。



それなのに、短絡的な求めや、奪うような態度や思考が、

わき起こってしまい、

しまいには独占したくなってしまう。


スーパーマーケットで、

安物を片っ端からかごに入れている図を想像してみてください。

これが、現代社会の縮図かも・・・・



1月のミケランジェロ先生のトークは、

「スーパーマーケット・ラブ」なんてどうでしょう。


サブタイトルは、

究極の愛の道「インド」


私たちがなぜ「インド」に惹かれるのか?

それは、そこには、私たちが持っているものと、

対極の世界観があるから・・・ではないかと思うのです。


1103281.jpg

全ての人類を愛し、仕えなさい。
人々を助けなさい。
明るくありなさい。
思いやり深くありなさい。
押さえきれない歓びの発電機でありなさい。
全ての人々の顔に、神と善良さを見つけなさい。
過去を持たない聖者は無く、未来を持たない罪人はない。
全ての人を讃えなさい。
もし誰かを賛美できない時は、その人をあなたの人生から自由にしてあげなさい。
オリジナルでありなさい。
創意に満ちていなさい。
勇敢でありなさい。
何度も何度も勇気を奮い起こしなさい。
傲慢を止めなさい。
強くありなさい。
前向きでありなさい。
他人に頼るのを止めなさい。
自分の頭で考えなさい。
自分自身でありなさい。
全ての完全さと聖なる徳は、あなたの中に秘められている・・・
世界にそれを示しなさい。
叡智もすでにあなたの中にある・・・それを輝かせなさい。
神の恵みがあなたに自由を与えんことを。
あなたの生を薔薇の花のごとくあらせなさい・・・
沈黙の中で、薔薇はその芳香を言葉とする。

ー ババジ ー


以上インドのババジについて、
http://www.taolab.com/vegiemag/tra/archives/2011/03/28/ より転載させていただきました。




話しは変わります。



私は、ここ二回ほど、

理解不能なラブレターをいただきました。

しかも海外から・・・・

英文のようで、英語ではない文章が、

しかも雑然とした文字で書かれています。

受け取ったときには、

相手の見当もつかないくらいでした。


これでは受け取った方も「困惑」してしまいます。



もしも、愛を育むのなら、

まずは、相手が理解出来る形で、

相手が受け取れるボールを投げるのが、

「自然の法則」ではないでしょうか?



ただただ、自分の欲求を満たすような言動や行為では、

相手に自分の真意は伝わりません。


テクノロジーの発達により、

どこでもいつでもメールのやり取りができるようになって、

非常に便利になりましたが、

まず送る前に相手に対する気遣いが必要ですね。

相手がどのような状況で、

自分が送った文章を読むのかという配慮です。

忙しい人に、長文を送ったら読めるでしょうか。

どうやったら自分の気持ちと思いを受け取ってもらえるか、

まず相手の心を開くところから始めます。

「北風と太陽」を思い出してください。


嵐で欠航になってしまった飛行機に乗れなくなった乗客が、

300名いるとしたら、

誰が最初に自分の目的地に到達できるでしょうか。


飛行機会社の職員をおどしますか?

お金をたくさん払いますか?

それとも、職員のストレスを和らげるコミュニケーションをはかりますか?



さて、どういった態度をとったひとが、

ゴールのテープを切る事ができるでしょう。



一方的な長文メールを送っているひとを、

たまに見かけますが、

当人は相手が困惑して、

返事を書くにもかけないでいるなんて、

思いもしないでしょうね。



先日のセミナーでも、こんなコミュニケーションを耳にしました。

シンプルな質問「あなたのお父さんとお母さんの恐怖はなんですか」

というミケランジェロ先生の問いに、

それぞれ答える簡単なエクササイズの時間でした。

音声のみをキッチンで聞いていた私は、

ミケランジェロ先生の直球ボールを投げられた生徒達の、

様子がビジュアルに見えて来るようでした。


答えがなかなか聞こえてこない、

雑然としたあのラブレターのような文字が、

空間にびっちりと書かれている様子が目に浮かびます。

でも必死になって、

感情の渦のなかから這い上がろうとしている様子もみえてきました。



まるで、沈殿していた水の中のクレイ(泥)が、

かき回されて目の前が見えなくなってしまっている様子です。

まさに「恐怖」に絡めとられている図ですね。



シンプルに答えられたひとは、

いたのでしょうか?

生徒たちの声がなかなか聞こえてきません。

とにかく、答えを出そうと、

必死にもがいている様子が、

そのやりとりから伝わって来ました。



シンプルって難しいですね。



私たちの中には、満たされなかったという「感情」があって、

エゴとともに、

いつも自分の前の状況を「複雑化」しているのです。



これも、結局、

おっぱいが充分出ないというところから、

その問題が発生しています。



でも、問題は解決できます。


これは、悲観的に考えるべき問題ではないということを、

ここで強調しておきたいですね。



様々な社会の問題の根っこが、

もし、この「バーストラウマ」から派生しているとしたら、

私たちは、

「バーストラウマ」を自分のなかに見つけ、

認識、再体験することで、

問題は解決の方向へ向かい、解決の糸口をみつけられるということです。



「おっぱい問題」は政治経済の問題より、

深刻で、重要だという事がみえてきましたか?





「システムオブナチュラルライフ」を学ぶなかに、

「バーストラウマ」を学びプロセスするという、

大仕事が入っているのは、

このためです。


自分のトラウマに、

きちっとアクセスし、

学びに変える体験が、

人生を希望と可能性に満ちた光の道に変えて行きます。




しかし!

このプロセスは、絶対一人では対処できません。

優秀な経験者が必要です。

ある意味、精神的な難しいオペのようなものだからです。



手術をするには、

まず体調を整えて、

手術に耐えられる身体の状態を作りますよね。


こういった感情や精神にたいして何か変化をもたらす行為をするまえに、

まず、肉体を整えなければならないのは、

このオペの準備と同じような道理からです。



まず、「食べ物」をきちっと、

正しいものに変えることから始まります。



肉や魚のエネルギーで汚染された心や精神に、

レーザーメスを入れたら、

ネガティブな感情が、

大爆発を起こして大きな傷を負いかねません。



来月、2013年11月には、

世界レベルでトップクラスのバーストラウマの専門家が、

来日します。


リバーシングセッションのプロ、

ヴァレリア先生です。


セミナーや個人セッションを予定しています。

詳しくは、キネクラブジャパンまでお願いします。



ヴァレリア先生の素晴らしさは、

端的に、直感的に私たちの問題の根っこを捉える才能を持っている事です。

リバーシングテクニックのみならず、

肉体に起こる微細な変化を、

見逃しません。

一瞬の身体の緊張から、

問題を表面化していくテクニックは、

天性のものだと、

ミケランジェロ先生はヴァレリア先生を評価しています。


わたしもまた、セッションを受ける予定です。


この記事、長文になってしまいましたね。

みなさんの心に届いたでしょうか。



長文乱文にて失礼いたしました。


KEI



スーパーヴィーガンフード SUPER VEGAN FOOD
ママキッチン



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット
ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Keikohism 常に進化する美しさを求めて!

未来の美容室では、ナチュラルなパーマやカラーでスタイルを表現するだけなく、個性の内面的な探求も行ないます。 アイデンティティに基づく「ライフスタイル」を提案するプロフェッショナルを養成する講座では、各種のリーディングを学びます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Keikoh Izawa

Author:Keikoh Izawa
ママキッチン
(チャームサロンイザワ)
〒241-0824 横浜市旭区南希望が丘2
TEL 045-363-0846
営業時間 9:30-18:30 日・水定休

instagram

時短料理はヴィーガンの得意技♪

いいね!

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

Vegan× 美容室²ランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
40位
アクセスランキングを見る>>

ホームページやブログもみてね☆☆

地球に優しいキッチンをテーマに本や台所用品のページ「we love earth style item↓↓

ヴィーガン×美容室² QRコード

QR

Categories...

openclose

読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ママキッチンマップ


より大きな地図で ママキッチン を表示

kauli PR

popIn

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。