--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.21 03:55|(New) KARADA
23140878786_6c85654cd2_z.jpg 




久々に、自分の足をまじまじと眺めてみた。

あら?

右足の指がどっしり太く変化している。

自分でもこんな足だったかと思うくらいに、

それぞれの指の存在感が増している。


この一週間やっていたことは、

足の指を意識することだけ。

何をやっている時も、できるだけ、指に意識を置いている。


以前は、一番大切なはずの「足」(特に足の裏)は、

ありがとうの一言もかけてもらえず、

なあんとなく「あるな」「あって当たり前」で、

本当に申し訳ないことをしてきました。


歩けなくなった父や母を見ていても、

痛感します。


もっと大切にしなくちゃ、

毎日、足の裏を優しくタッチセラピー。(父や母の足もね)


急に季節が変わって、乾燥してくると、

足のかかともこわばってきます。

ここで季節感を感じられるんですね。


丁寧に、

ローションとシアバター、そしてエッセンシャルオイルで、

ケアして、

さらに声がけをしています。



今の足の裏は、

とってもソフトになり、

皮膚感覚も鋭敏になりました。


まるで手のひらと同じような感じです。

こうなってくると、地面を捉えるのが、

とっても楽しくなってくるんですね。


足の裏で、地面の感触、湿り気があるとか乾いているとか、

そういった感覚を感じ取り、

伝えてきてくれるのです。


さらに、意思決定を明確にしてくれるのも、

想定外の事実。


足の指は、まるで家族のようです。

「聖なる家族」は、足の指だったんですね。

リーダー格は、意外にも中指さん。


昨日は、時間が無いにもかかわらず、

寄り道をして、

来年のダイアリーを買うことになりました。

それも、自然と足の指が「こっちへ行こう」って、

みんなが揃って舵を切ったからです。


そのおかげで、今日は、真夜中から起きて、

来年のダイアリーを開いて、どんな年になるのか、

イメージを膨らませました。


既成概念を捨てて、

バラバラに見えるもので、

全く新しい何かを創りなさい。


ダイアリーの見開きの一ページは、

白紙のはずなのに、

こんな言葉が書いてあるように見えました。


今日は、長い1日が始まっています。


2016.10.16 05:24|(New) KARADA
28785394700_8e0b5a7335_z.jpg 
la belle en halo by laetitiablableuse




昨夜は確か10時半頃に横になったと思うんだけれど、

夜中の三時半すぎには目覚めて、またまた時差ぼけ状態。

時々、こういった現象が起こる。



やりかけのノートの整理や、本の分類、

ゴミの分別など、

せっせとやっている。


今日の満月と関係あるんでしょうか。

あらかた片付くと、

なぜかお部屋が明るくなた気がしています。

6時に炊き上がるようにセットしておいた炊飯器ですが、

早く起きたので、タイマーは解除して、

スイッチを入れました。

今は、お米のとっても良い香りがしていて、

もうすぐ炊き上がるよという合図ですね。


カラダは、未来を予知するとは、

以前にも記事に書いてきたことだけれど、

昨日の土曜日の予定変更には、また驚かされています。


偶然起こった出来事に対処するために、

すべて時間調整が、先に行われているんです。


こんなこと言うと、いかにも勘が鋭いように思われがちですが、

初めての場所に行くときには、

必ず迷うというお決まりの儀式があるのも、

笑えちゃうくらい、

地図を見るのがへたくそです。


昨夜は、初めて早稲田大学に行きましたが、

駅の地図と、スマホの地図と見比べてもさっぱりわからない。

考えずに交番を探すも、見当たらず、

自然食品店に飛び込んで、大学はどこですかって聞くと、

やっぱり、反対方向に歩いていたことが発覚。

それほど遠くに行かないうちに聞きました。

多分ちがっているだろうと思ったので、、、、


こういう時は、すぐに誰かを捕まえて聞いちゃえ。

早稲田の学生さんですか?

若い女性にスマホに送られてきた地図を見せ、

目的地を聞きましたが、ここは行ったことがないのでわかりませんですって。

ただ、何とか門(東大の赤門とかいうやつでしょ)はすぐそこですって。

ふ〜ん。そうなの。

彼女が歩いてきたらしい道を進んでいくと、あった、あった。門があった。

門の前に警備のオジさまが、

直立不動で立っていらっしゃる。

彼に聞こう。

すみません。何号館どこでしょうか。

すると、やだあ、目の前にあるじゃない。

キャンパスの外の、門の目の前に、目的地がありました。

素敵な小劇場でした。


あっという間に時間も過ぎ、演目の内容はさておき、

改めて、俳優の存在感の大きさを感じている私がいました。


私が見ていたのは、演技力もさることながら、

存在感。

そういえば、演劇、演ずると言う言葉が、

似つかわしくないなあと思える舞台でした。

一応、台本があるにはあるし、

それで通し稽古をしてきたのでしょうけれど、

本番では、確実に、見ている我々と、

その瞬間を共有しているという演者の何かが伝わってきていました。


小テーマ、大テーマ、大小取り混ぜながらの演目ですが、

それでいて、フランス映画のような複雑性はなく、

とってもシンプル。

なんでなんだろうなあ。

主題は、戦時中のあるカップルのお話だったんだけれど、

時代は、過去のはずなのに、

演者から感じられる感覚は、

時代を超えた、時空(過去、現在、未来)を超えた、

リアルなものでした。


そういえば、プログラムやプロフィールのどこかに、

そんなようなことが書いてあったっけ。


一人の人間が、

まるで私達を代表してそこの舞台に立っているという感覚でもあったな。


経験が重なっているカラダ。

存在感があるってことは、そういうことかな。

演じているカラダからは、そんなことが感じられました。


また、彼女の舞台見てみたいなあ。


舞台の後のワークショップの企画は面白くて、

「見ているだけでは終わらない」だったかな。

やはり、ちょっと普通と違うでしょ。


時間が許せば参加してみたかったけれど、

次の日のことも考えて早稲田を後にしました。


今朝になってみると、

昨夜の舞台の刺激が、何かにスイッチを入れたようです。

小ホールで出会った人たちの集約された意識が、

私に囁いているようです。


「信じて生きよう」ってね。





vegetables-manchurian-1200x750.jpg 
Vegetables Manchurian [Vegan]




美味しいご飯が食べたい!

朝から、ご飯?

カラダの変調かな。

2週間前から、なぜか「おむすび」が時折、

目の前に浮かんでくる現象が起こっています。


実際にお米が欲しいのかなと、

ご飯を炊こうかってカラダに聞くと、

どうも、そうではないらしい。


この謎の紐解きを忘れていました。

今日、ブログを書こうとしたら、

フラッシュバックが起こり、

この「おむすび」現象が再び起こったのです。


さあ、おむすびさん、教えて下さいな。


すると、おむすびがコロコロ転がって走り出しました。イメージ上です(笑)

最初に案内されたのは、

冷蔵庫の野菜室。

もっといいやさいを食べなよ。

おむすびさんは、呆れたように私に言います。

そうだね。お野菜の宅配を頼みたいんだけれど、

受け取りが難しい(時間的に)ので、

お野菜セットの宅配が、保留になっていたことを思い出しました。


そう、セットというのも、問題なのです。

ナス科のお野菜食べないので、

ナス、トマト、ジャガイモが入ってきたら、

どうしようかなと思っていて、そこでもまたストップしていました。


昨夜、偶然に会ったご近所さんに、

食べないお野菜は引き取るよって、

言われたんだっけ。

そうか、あとは、何曜日に宅配するか、

火曜、水曜、金曜、日曜のいずれかを選ばなくっちゃね。

火曜かな。

来週になったら、注文してみようっと。


さて、次は、どこに転がっていくの?

食器棚の扉の前でストップ。

扉を開くと、有機栽培のルイボス茶のティーバックが、

出番待ちをしていました。

赤いパッケージからは、なんだか紫色のオーラが漂っています。

今日の講座に持って行ってというので、

お茶セットを用意して、手提げに入れました。


さあ、これでいいかな?

では、ご飯も炊いてみようか。

冷蔵庫に眠っていた、「なっちゃんのお米」を取り出し、

炊飯器にセット。

いつもだったら、梅干しと昆布を入れるのですが、

両方ともないので、

梅ペーストと、とろろ昆布を投入してスイッチをオン。


どうやら、いい香りがここまで漂ってきたので、

もう時期炊き上がるね。


楽しみだなあ。


あなたの手で握るおにぎりを、

味わって。


そう言うと、おにぎりころりんさんは、

姿を消しました。



はてさて、次は、何かなあ。


生命の輝き。

それは、大地の豊かさと深くリンクしている。



2016.10.07 00:46|(New) ライフワーク
crispy-zucchini-pancakes-1200x750.jpg 
Crispy Zucchini Pancakes [Vegan, Gluten-Free]



変わることが大切。

そして、変わらないものもしっかりと軸において、

それをどんどん太い柱にしていかなくちゃ。


矛盾しているようでそうではない。


変わらない何か。

それは、私たちのカラダでいったら、骨格のようなもの。


変わるものは、

それは、骨格を支えるいろんな組織。

どんどんリニューアルして、

骨組みを有効活用できるカラダの叡智。



さあ、これからまた、チャレンジが始まります。

新たなテーマがやってきました。



でも、これ、秘密のテーマなんです。

中身は公表できませんが、

二つのグループを作りなさいって、

カラダさんが言っているんです。

いつから始めるの?

まだ、未定。

準備をそろそろ始めようか。

でも、今、聴いたばかりだよ。

いやいや、断片的ではあるけれど、

あなたにイメージは送ってあるって。

そういえば、そうかも。

ふと、あるシーンが浮かんだり、

関連もないのに、こんなサービスはどうだろう何て思ったりしていたなあ。


二つのグループ。

一つは、独自のサービスを提供するグループ。

もう一つは、お互いのギフトや技術をシェアするグループ。


独自のサービスを提供するグループでは、

常に新たな情報や真実を伝えるという目的のもと、

活動します。(本当に名言しちゃっていいの?)


ギフトや技術をシェアするグループでは、

変わらない何かを、互いの中に深めていくことを目的とし、

大きな信頼の柱を自分や他者の中に築くプロセス自体を、

大切にします。


さあ、秋深く、何を収穫するでしょうか。





2016.10.02 06:00|☆美しい髪と頭皮
greek-cinnamon-orange-cornbread-1-1200x750.jpg 
Greek Cinnamon Orange Cornbread [Vegan, Gluten-Free]






美容師は何でも屋じゃなくてもいい。


小さい頃からパーマの匂いが大嫌いだった私です。

それこそ、トラウマ。赤ちゃんの頃、

パーマ液を製造するお部屋で寝かされていたわけですから。



こんな環境では子育てできないと、

母は、がむしゃらに寝ずに働いて、独立しました。

母のお店は、とっても繁盛していて、

骨身を削って働いている姿を見て育ちました。

でも、子供にしてみたら、すごく寂しかったし、

大勢の人との生活は、ストレスでしたね。

そんな環境のせいか、

6歳の頃は、生死の境をさまようような大病をしました。


まさか、母の後を継いで、

美容師になるとは思ってもいなかった展開だったのです。


2000年に、美容室に自然食品店を設けた頃から、

それまで不調だったカラダが、健康へとシフトしていきました。

ヴィーガンになって20年近く。

これも必然だった気がします。



パーマ液を完全に排除したのは、いつだったか覚えていませんが、

ミコノスのイオンカール(過敏症の私でも大丈夫な薬剤)で、

ほとんどのパーマスタイルを提供することに成功しました。

思い切ったメニュー変更をして、

既存のお客様にご理解を得ることは大変でしたが、

これでいいんだと母も賛成してくれたことが、

励みになりました。



先日、長年のお客様が、2ヶ月ぶり予約をしにいらして、

くせ毛を治すカットをテレビで見たから、

それを研究して欲しいと言われました。


すぐに、ネット検索して、ああこれかと、

さらに調べてみましたが、どうも怪しい。

いとこが、詳しいので聞いてみると、

特殊なハサミを買わされて高額な講習料を払う価値はないと言われて、

その旨をお客様に伝えました。


後日、予約日に来店された時に、毛髪と頭皮を見てびっくり!

カラーの施術のみで時間がなかったので、

改めて来店してくださいとお願いしましたが、

今年のひと夏で、髪のうねりがさらに強くなっているんです。


さらに驚いたのは、頭皮でした。

色は、少しくすんだ感じでうっ血しているかも。

それよりも、頭皮自体がうねっているんです。

一瞬自分の目を疑いました。


今でも残像が残っています。

あ〜、もうちょっと時間があったら、

入念にチェックできたのですが、

また後日にと言わざるをえない状況でしたから、

仕方がないですね。


閉じた肋骨が、こうやって文章を書いていると、

目の前に浮かんできます。


この夏、辛かったのですね。精神的に。

いつもなら、毎月いらっしゃるのに、

帽子をかぶって、髪を隠していたんですって。


背中を優しくさすってあげたいなあ。

側頭部にも、耳の後ろにも、

手が伸びていくイメージが浮かびます。


また、メールしておこう。

チェックに来てねって。


一応、ソマティクスのお話をして、

地肌のうねりの原因を突き止めて、

私の先生に相談したい旨を伝えてありますから。



ソマティクスの手技を学んでいるこの「手」は、

常に進化していて、

地肌や髪に触れると、

髪がしなやかになったり、頭皮が改善されたりと、

たくさんの症例を重ねています。


自分でも知らないうちに、

美容師としてもさらに違う分野を歩いているようです。


ソマティック美容術ですね。

もう少し確立してから、このカテゴリーで、

記事も書けるようになるかもしれませんね。








2016.09.29 07:34|バーストラウマと食
tuna.jpg 
UnTuna Wraps [Vegan, Gluten-Free]
このレシピは、海藻とセロリとナッツを使っていて、
私はくるみを食べないので、ペカンナッツかカシューナッツで代用しようと思う。



前回は、バーストラウマについて、ちょっと触れました。

今回も、お題はバーストラウマだって。

この記事を書くにあたって、

アメジストのオラクルがまた登場しました。

不思議な力を引き出してくれます。


私の仕事の一つとして、

「眠れる獅子を起こす」ことが掲げられています。

これは、美容の仕事の上でも、

無意識に使ってきた才能だと信じています。


髪や肌に触れると、

あ〜もったいない。こんな要素が眠っているって、感じるんです。

美容師は、ご本人の意図にかなうように、

デザインをするのがお仕事ですから、

ずっとその才能は、私の中でも消極的部署に追いやられていました。

もしも、これから、

カットやカラーやパーマ(パーマ液を使わない)をする際に、

セッション形式で行うとしたら、

そう考えると、心がワクワクするのはなぜでしょう。


もう、包み隠さず、自分の才能を、

どのように使ってあげるのか、

その環境を整えてあげるのも、

自分の仕事だと思いました。


もちろん、通常のやり方も残しつつ、

この試みに興味のある方は、

革新的なアプローチをトライさせていただくという、

柔軟な体勢で、臨んでいきたいと思っています。


さあ、今日のお題の「バーストラウマと食」について、

もっと話を聞いてみたいので、

アメジストのオラクルさんに登場してもらいます。



「真実は奥深くに隠れていて、それはあなたの意思次第で呼び覚ますことができる」

「成長し続ける」「再誕生を繰り返す」それが人生。


オラクルさんは、そんなことを言っています。

カバノキのスピリットが、人生の指南役?

woman-tree.jpg 

彼らが言うには、バーストラウマは、

何も、赤ちゃんがこの世に出てくるときの心的外傷だけとは限らない。

そう言っています。

私たちの魂?

長い歴史?

変遷をたどってきたとしたら、

その中で、「生まれる」経験を何度も、何百回も、何千回も、

いや、もっとかもしれない、たくさんの「誕生」を経験しているんだそうです。

ついでに、バーチさん(カバノキ)は、

こんな図も提供してくれました。ケルトの暦ですね。

森の民、ケルトの人々が、

今、何を伝えたいのか。

celticzodiac.jpg 
 
   Birch, 1st Moon of the Celtic Year – (Dec 24 – Jan 21)
   Rowan, 2nd Moon of the Celtic Year – (Jan 22 – Feb 18)
   Ash, 3rd Moon of the Celtic Year – (Feb 18 – March 17)
   Alder, 4th Moon of the Celtic Year – (March 18 – April 14)
   Willow, 5th Moon of the Celtic Year – (April 15 – May 12)
   Hawthorn, 6th Moon of the Celtic Year – (May 13 – June 9)
   Oak, 7th Moon of the Celtic Year – (June 10 – July 7)
   Holly, 8th Moon of the Celtic Year – (July 8 – Aug 4)
   Hazel, 9th Moon of the Celtic Year – (Aug 5 – Sept 1)
   Vine, 10th Moon of the Celtic Year – (Sept 2 – Sept 29)
   Ivy, 11th Moon of the Celtic Year – (Sept 30 – Oct 27)
   Reed, 12th Moon of the Celtic Year – (Oct 28 – Nov 24)
   Elder, 13th Moon of the Celtic Year – (Nov 25 – Dec 23)



神秘性を開く。

自分の中の「神秘」を開いていこう。

このことを伝えたい。


カバノキのスピリットは、私にこう言いました。

あなたにとって安全な場所を確保してください。

そこが、お母さんの子宮であったり、

今暮らしている場所であったり、何でも良いのです。

あなたが最も安らぐ場所を、しっかりイメージして、

いつどんな時でも、そこに帰ってこられるようにしてください。



私は(カバノキのスピリッツ)、いつでも、

あなたの「眠れる獅子を起こす」準備ができています。



何だか、神秘性と聞くと、すごくサイキックな感じしますが、

それは単に、日常性に埋没してしまった「才能」を、

再び、あなたのスペシャルな才能として、

呼び覚ます「再誕生」させることなんですって。



ほう〜面白いね。

これは、食べ物と深い関係があるそうで、

その関係上、「バーストラウマと食」のカテゴリーで、

書かせていただいています。



あなたの大好きな食べ物。

それは、なんですか?

それがなくちゃ始まらないもの。

教えてください。


その食べ物があるから、あなたが今ここにあるわけですが、

その陰には、小さなあなたが眠ったままになっているんですって。

まるで、食べ物占い?


でも面白い切り口ですね。

セッションの中で、

あなたの嗜好品について、

お話しします。乞うご期待を。






2016.09.27 08:11|バーストラウマと食
chocolate-hazelnut-hearts-1200x750.jpg 
Chocolate Hazelnut Hearts [Vegan]




辛くなった時に食べたいもの。

普段何気なく手を伸ばす「食べ物」

その陰に隠れているのは、だあれかな。



新たなオラクルの登場。

アメジストのルーンオラクルたちです。

ずっと大切に保管庫で眠っていたの。

ようやくしゃべり始めてくれました。




最初に口火を切った言葉、

それは、眠っている才能や叡智。

そして、私たちの意識についてです。


脳疾患が激増している現代。

脳が壊れると、もう使いものにならない生物になる?

どこかにそんな意識、働いていませんか?



実は、脳みそには、大した用事はないんだって、

アメジストが言うんです。

本当に大切なものは、「水」の中にあるそうです。

カラダ全体を構成している「水」です。


本当かな?

そう思いながら、この文章を書いています。


脳が考えるのではなく、

カラダが考えているのです。


あなたの直観力は、

神経システムと、「水」(単なる水じゃない)の、

織りなす総合システムにより紡ぎ出されます。



「食べ物」と、その食べ物を選ぶ「感情」のつながりは、

バーストラウマにより形成された、

緊急時の「行動パターン」


ようは、出生時または、子宮で生命活動を営んでいた時に、

はまった「トラップ」(バーストラウマ)を、

性格形成していく際のパーソナリティの一つとして、

適用してしまったもの。


まだまだ、人生をスタートしたばかりのカラダは、

それ(バーストラウマ)を、

初期値として、「人生は辛いもの」を、

公式ルールとしてしまうところから、

ボタンの掛け違いを始めてしまう。


「辛いもの」から逃れられない、

囚われの人生の始まりが、スタンダードに据えられてしまうのです。

経験が超浅いから、

「辛い経験」が、「真実の悟り」への一つのステップで、

そこから何かを学ぶということができないんですね。

だって、経験がゼロから始まるんですから。仕方ないやね。


幸運にも、育つ環境で、

母親の愛情豊かなタッチを経験する赤ちゃんは、

そういったトラウマも、自然に癒えていきますが、

お母さんそのものも、未解決のトラウマを抱えていたらどうでしょう。

そう、未解決のお母さんには、

子供のトラウマをヒーリングすることは難しいね。


子供をもうける前に、だから、トラウマと向き合いなさいって、

言ったじゃない。(誰かな?)

まあ、そのことに気づいた時が、チャンスなわけだから、

遅いことはないの。安心してね。


実は、普段食べているもの、

特に「辛いなあ」と思った時に食べるものは、

バーストラウマと関係が深いんです。


なんで、こんなジャンクフードが食べたくなるんだろう。

そう思った方は、ぜひ、トラウマセラピーを、

考えてみたらいかがでしょう。





Fauxmato-Sauce-by-PaleoParents-740x494.jpg 
InstantPot Fauxmato Sauce: a nightshade-free Marinara & AIP Tomato substitute




ナス科を使わないフリーマリナラソース。(トマトの代替えレシピ)

まだまだこう言った情報は少ないけれど、

今度これを作ってみたいと思いました。

以前から、レッドソースと称して、

作っていたトマトフリーのソースとよく似ています。


冒頭の写真のリンク先のレシピには、

ビーフストックが使われていますが、

コクを出すためには、ヴィーガンレシピは、

発酵調味料(ベジマイト、マーマイト、ビタメールなど)を加えたら良いかな。


超簡単な作り方

材料をインスタントポット(全自動圧力鍋「高圧」「蒸す」で10分)でスティームして、

一旦、ブレンダーに移してピューレ状にしてから、

インスタントポットで「ソテー」モードで20分。

インスタントポット

ティファール マルチクッカー


高性能の調理器具を使わなくても、
できます。

pack-it-cool-salad-5.jpg 
Whole30, Paleo, AIP, Nightshade Free


野菜を蒸す(40分)カットする大きさで時間も変わります。
ビーツ、ニンジン、バターナッツ・スクワッシュ (butternut squash)

こんがりソテーする(風味を加える野菜)
玉ねぎ、にんにく


ブレンダーで調理した野菜をピューレにする。
柔らかくなるまで蒸した野菜とソテーした玉ねぎ。
2カップの水。レモンジュース、ビネガー。

ソースパンで10分中火で火入れ。
ピューレに月桂樹やハーブミックスを入れる。


これで、ソースの基本形ができたので、

いろんなソースにチャレンジできそうですね。



食事をシンプルにすることのメリットはたくさん。



エリミテーションダイエット本を参考までに。

  



2016.09.18 07:11|スーパーヴィーガン食材
dsc_00411.jpg 
Vegan BLT sandwich by Megan


目の前に現れたサンドイッチ。

このパン美味しそう。

お野菜を選ぶ際は、ナス科を食べない。

このルールを守れば、

スーパーヴィーガンでスーパーヘルシーをゲットできます。


IMG_3380.jpg 

©Keikoh Izawa セイタンのハムカツのサンドイッチ(2012年撮影)




お外でお食事をする際は、

トマトが乗っているサラダが多いので、

「トマトは外して」とお願いします。


通常のヴィーガン料理は、

なぜか「ナス科」が登場することが多いのです。

お肉も、魚も食べている人よりも、

ヴィーガンの人が、ナス科の植物(ナス、トマト、ピーマン、唐辛子、ジャガイモ)ばかりを食べるのは、

とっても病気を発症するリスクが高まるようです。

これらの毒性が、腎臓や肝臓を、

ダイレクトに攻撃してしまうから。



私のサンドイッチに欠かせないのは、

イタリアのセイタン。

何千年も前から、トスカーナの人々が作って伝承してきたもの。

トスカーナ州は、古代ローマの進出以前はローマの基礎を築いたとされるエトルリア人が多く住む土地で、トスカーナという名前も「エトルリア人の土地」を意味する(古代ローマ人はエトルリア人を "Tusci" と呼び、また "Etrusci" とも呼んだ)。ローマはエトルリア人を吸収し、トスカーナは本国の一部となった。


私の自然健康学の先生が、イタリア人なので、

美味しい食材を探す術も長年伝授していただいています。

先日も、ご一緒にお話ししていたんですが、

セイタン、日本のはおいしくないねって。

やっぱり、トゥルスカンが伝えてきたセイタン、

イタリアのセイタンの味の深みは、

長年の歴史の上にできあがっているんだ。

納得です。

とにかく美味しい。

ベースになっている小麦も美味しいしね。

さらに、味付けが素敵。


イタリアのヴィーガン事情を取材した記事に出会いました。

取材旅行紀を読んで驚いたのは、

ビオのスーパーマッケットチェーン。

私も行ってみたいなあ。

Seitan-bio supermarket-chain-NaturaSi 
bio supermarket chain called NaturaSi. This huge health/organic/bio shop is amazing for vegans, although not everything is vegan.


Universe Vegano イタリアのファストフードのチェーン店

the-place.jpg 

photo1jpg-1.jpg

img-20160717-140829-largejpg.jpg

photo2jpg.jpg

photo3jpg.jpg
Universe Vegano by www.tripadvisor.it


日本でも、ヴィーガンカフェが増えているようですね。

忙しくてなかなか行く機会がないので、

ヴィーガンサイトで、

インフォメーションをまとめていただけたら嬉しいなあ。

見るだけでも楽しいし、

時間ができたら、出先で行ってみたいものね。


そして、私のカフェ料理。

また復活するかな?

是非、スーパーヴィーガンのサンドイッチ、

食べていただきたいなあ。




2016.09.17 06:55|レシピ

superfoods-banner.jpg 
Superfoods to Increase Productivity at Work by cctvenues.co.uk/news



SUPERFOOD スーパーフード。plusスーパーヴィーガン。

なんとなく次世代の食は、植物性中心になるような気がしてならない。

簡単で安心。安全な食。

私たちのカラダは、どの道、たくさんのリスクを冒して、

多くの病気と闘うスタンスから、

次の扉を開けなければいけない所に来ているね。

    


スーパーフードスープのレシピを集めてみました。

それぞれ、作者の個性が表れていて、

食材の組み合わせが参考になります。

お肉を使ったレシピもとっても参考になるので、

人によってこの食材がダメという方は、

代用食材リストを持っているといいですね。


人に優しい、地球に優しいお料理を、

みんなで作ってみませんか?



THE BEST SUPERFOOD SOUPS YOU CAN MAKE IN 30 MINUTES OR LESS


Quinoa-Broth-Bowl.jpg 
Asian Quinoa Broth Bowl by Caravan of Style‘

Black-Bean-Soup.jpg
8-Minute Black Bean Soup by One Ingredient Chef

Beetroot-Carrot-Soup.jpg
Beetroot and Carrot Soup by My Fussy Eater

superfood-veggie-soup.jpg
uperfood Veggie Soup by  Root and Revel

Sausage-and-White-Bean-Soup-with-Zucchini-Noodles.jpg
Tuscan Italian Sausage White Bean Soup with Zucchini Noodles by  With Salt & Wit‘

Sweet-Potato-Soup-with-Kale.jpg
Sweet Potato Soup with Kale by Contentedness Cooking





10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Keikohism 常に進化する美しさを求めて!

未来の美容室では、ナチュラルなパーマやカラーでスタイルを表現するだけなく、個性の内面的な探求も行ないます。 アイデンティティに基づく「ライフスタイル」を提案するプロフェッショナルを養成する講座では、各種のリーディングを学びます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Keikoh Izawa

Author:Keikoh Izawa
ママキッチン
(チャームサロンイザワ)
〒241-0824 横浜市旭区南希望が丘2
TEL 045-363-0846
営業時間 9:30-18:30 日・水定休

instagram

時短料理はヴィーガンの得意技♪

いいね!

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

Vegan× 美容室²ランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
54位
アクセスランキングを見る>>

ホームページやブログもみてね☆☆

地球に優しいキッチンをテーマに本や台所用品のページ「we love earth style item↓↓

ヴィーガン×美容室² QRコード

QR

Categories...

openclose

読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ママキッチンマップ


より大きな地図で ママキッチン を表示

kauli PR

popIn

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。